検査・治療

Examination
胃カメラ・大腸カメラ・大腸ポリープ切除・痔の日帰り手術・ピロリ菌などの各種検査・外科手術を
行っています。

専門的検査・治療 -消化器・肛門-

内視鏡検査は、胃・大腸の病気の的確な診断、早期癌の診断・治療に不可欠です。
当院はレーザー光源使用の最新の内視鏡システム(LASEREO)を導入し、
BLI(Blue LASER Imaging)による精度の高い内視鏡検査をしています。
病変部の拡大機能を有し、血管・表面構造の詳細な観察をすることにより、
微細病変の高画質、高精度な質的診断が可能です。
内視鏡検査時、空気の代わりに、生体吸収能に優れた炭酸ガス送気装置を使うことで、
腹部の膨満痛の軽減をしています。
また検査、日帰り手術の為のリカバリー室を2部屋完備しています。

胃内視鏡(胃カメラ)

充分な麻酔をして、超細径の鼻よりの胃カメラ(経鼻胃内視鏡)を行っています。
従来の胃カメラに比べ、苦痛のない検査です。口からの胃カメラ(経口内視鏡)、ポリープの切除も行っています。

胃痛、吐血、胸やけ、むかむか、嘔吐、胃もたれ、貧血、黒い便、体重減少、食欲不振...
などの症状のある方にお勧めします。
またピロリ菌の検査・治療も行っています。

【当院症例】 胃

径3mmの微小早期胃癌の症例です。
専門病院にて内視鏡的に切除治療が行われました。

大腸内視鏡(大腸カメラ)

肛門より細径のカメラを入れ、大腸を観察します。
下剤を服用し、大腸をきれいにした後に検査です。
鎮静剤を使った検査、ポリープの切除も出来ます。
その場で実際に画像を、患者さんに見てもらいながら検査・治療します。

腹痛、貧血、下血、血便、下痢、便秘、体重減少、
お腹の張り、便が細い...などの症状のある方、
便潜血陽性、大腸癌家系、以前に大腸ポリープを
指摘された方にお勧めします。

・大腸癌検診で便潜血陽性の場合、多くは痔疾患が原因です。肛門科専門医による正確な診断と治療が必要です。

【当院症例】 大腸

大腸の径30mmのポリープです。
当院にて内視鏡的に日帰りポリープ切除術を行いました。
術後経過良好で、良性の腫瘍(腺腫)でした。

痔の治療

ほとんどの患者さんは、座薬・軟膏や輪ゴム結紮(内痔核)で改善します。
進行した痔の患者さんには、日帰り手術をおすすめします。
入院することなく、早く治療して仕事をしたいという方に適しています。
手術後数日で、日常生活や仕事に復帰できます。
当日朝来院され、手術後その日の夕方に帰宅可能です。

内視鏡室
内視鏡室
院内風景
院内風景
 
院内は広々としたゆとりある空間で、大腸検査・治療及び痔の日帰り手術のための個室
を2部屋完備しています。

内科検査・治療

超音波検査(エコー)、レントゲン検査、心電図、ヘリコバクターピロリ菌の検査・除菌、高血圧、
糖尿病、高脂血症、肝臓病・・・などの慢性疾患や生活習慣病の検査・治療も行っています。

外科・整形外科の検査・治療、リハビリテーション

骨レントゲン検査、骨塩検査、外傷、傷の化膿、熱傷、陥入爪治療及びできものの切除術など
外科小手術全般を行っています。また、低周波(電気刺激で筋肉・末梢神経に作用)、超短波(電磁波で温め、血行改善)、頚椎腰椎牽引、ウォーターベットマッサージによる治療で、鎮痛効果があり筋肉の緊張を和らげるのに有効です。

最新式頚椎腰椎牽引器

最新式頚椎腰椎牽引器

頚部・腰部の持続的・間歇的な伸張により、筋・靭帯・推間板に作用して、神経根・周囲の局所の腫脹を軽減し、筋の緊張を和らげます。

ウォーターベットマッサージ治療器

ウォーターベットマッサージ治療器

水圧刺激により、肩・腰・下肢にかけての筋肉・腱・靭帯のこりをほぐし、血行改善を促進します。
最新型の機械による多彩なパターンの組み合わせが可能で、リラクゼーション効果に優れています。